JAながの コラボ企画~長野ゆかりのアスリートが教えてくれる信州の魅力~第2回目は、信越硬式野球クラブ所属 高橋雄輝投手でした!

高校3年春に肩を痛めながらも、夏予選で決勝初進出。巨人・ソフトバンクなどスカウトからも注目されました。プロ志望届は提出せずに、東海大学進学へ。

信越硬式野球クラブでは1年目から公式戦に出場。
3年目(2015)・長野大会で17大会ぶりの優勝を果たし、先発2勝の活躍でMVPのタイトルを受賞されました。

「あれは自分でも、出来過ぎだと思います(笑)。」(高橋選手)

もともとは横浜市出身。長野のでの生活は?投手ながらバッティングも素晴らしいので、打者転向の気持ちはあった?社会人野球の魅力、自分の歴史を語るのに欠かせない人は?極上のリラックスは?最近ハマっていることなど。

 

後半は、長野の甘くておいしい果物について。今のシーズンは、ぶどう、桃、プルーンなど。

ぶどうは、シャインマスカットやながのパープル、桃は川中島白桃というオリジナル品種も人気です。

高橋選手はファンからたくさん差し入れを頂けるとか(羨ましい!!)

 

★放送データは、「過去の放送」NO.71からもお聴き頂けます★

M1 ゆず「夏色」 M2 山下達郎「LOVELAND, ISLAND」

(高橋選手写真提供:信越硬式野球クラブ、資料写真:長野県農政部農産物マーケティング室)