ゲストは、桜美林大学 堀潔(ほり・きよし)先生。自由と寛容の国・オランダについて教えて頂きました。

オランダと言えば、チューリップと風車の美しい風景が印象的(ミッフィーも!!)

人口約1700万人。面積で言えば九州と同じ位の小さな国。

政府の統計によれば、日本とは対照的に、2030年頃まで人口増加が続くと予想されています。

堀先生の専門分野は中小企業経営と中小企業政策。オランダの起業が盛んな環境や、働き方の自由度・価値観について注目されています。

お話を聴いていると、従業員の多様な働き方が実現している一方、企業は評価や雇用管理が大変な印象(汗)。

さらに仕事において、顧客視点で考えるというよりは、働く側視点が優先されている!?

日本でもしそのような接客対応をしたら、手抜き?サボリ?と思われてしまうのでは(驚)。

日本も昨年から働き方改革が提唱されました。

「身を粉にして働く」「顧客第一主義」を貫いてきたからこそ、世界に誇れる商品・サービスを開発してきましたが、時代の変化とともにCS/ESの両面で見直しが必要になってきているのかもしれません。

日本の将来を考えるヒントがつまった国だと感じました。

地球ドリンク・オリジナルテーマソング&BGM(協力:昭和音楽大学)

放送データは「過去の放送」データNO.79からお聴き頂けます。