第二回目のゲストは、富士通フロンティアーズ 藤田篤選手と小林祐太郎選手でした。

世界選手権では、45名の日本代表メンバーにも選ばれたお二人。
藤田選手は、ディフェンス陣の1番後ろで守るポジション。
突破されたら得点されてしまう、緊張高まる最後の砦、責任重大だぁ(汗)。
相手のボールパスを奪い取るインターセプトや、ハードタックルで相手の攻撃を阻止できた時は、1番のやりがいを感じるとか。

第二回目のゲストは、富士通フロンティアーズ 藤田篤選手と小林祐太郎選手でした。1

小林選手は、オフェンス陣の最前列で、味方が攻撃しやすいように走る道をつくったり、パスが邪魔されないように守る。
なんと、ボールに触ると反則をとられてしまうポジション(驚)。

「相手ディフェンスと1対1のガチンコ勝負も多いので、絶対に負けたくない」と、熱く語ってくれました。
ルールやポジションの役割などが分かってくると、アメフトの魅力がもっと広まりそう。

第二回目のゲストは、富士通フロンティアーズ 藤田篤選手と小林祐太郎選手でした。2
川崎市は、アメフト活かした街づくりを推進。

フロンティアーズの選手も、地域貢献活動として、小学校の体育で、フラッグフットボール教えています。

両腰につけたフラッグを取る、タックルもないので安全かつ、相手を素早くよけたり、みんなで作戦を考えたり、コミュニケーション能力も養えるとか。
憧れの選手との交流で、本格的にアメフトをやってみたい子どもたちが増えていくといいな。

いよいよパールボウルが開幕!初戦は4月24日(日)、BULLSフットボールクラブと対戦です。
チーム公認レギュラーコーナー「Touch Down Radio」では、毎月選手がスタジオ生出演!

これからも、応援よろしくお願いします。

M1 Dreams Come True 「大阪LOVER」
M2 PHARRELL WILLIAMS 「HAPPY」